航空輸送とはどんなもの?使うべき用途は?

海外に商品や荷物を運ぶ時に利用する発送手段のひとつである航空輸送、大掛かりな輸送方法に聞こえますが、これは結局どういうタイミングで利用ができるのか?またメリットデメリットはどんなものなのか気になるところです。そんな航空輸送のあれこれについてご紹介いたします。

航空輸送とはどんなものなの?

航空輸送

海外へ商品や荷物を発送する時の手段として利用されるのは大まかに二つ、航空輸送と海上輸送の二つとなっています。
基本使われやすいのが海上輸送となっており船で商品を運ぶのがこれにあたります。
通販での海外発送でも使われやすい手段になっており、海外発送のときに運賃も平均的、また貨物の大きさや重さへの制限もなく輸送が可能となっています。
それに対して航空輸送、こちらは飛行機での運送となっており、やはり航空輸送にしかできない事も多くなっています。
この二つ海外発送の手段、この航空輸送の方のメリット、デメリットについてご紹介いたします。

まず航空輸送、こちらのメリットは兎に角速いということ、海上を進む船に比べて配送にかかる日数や時間は圧倒的に短縮できます。
そのため急いで届けるべき荷物はこの航空輸送を利用すると、希望していた期日に届きやすく、安心して輸送を任せられます。
そしてこの素早さはビジネスでの利用に対するメリットが特に大きくなっており、今手に入れて商機を逃さないようにする、そんな目的のために使われる事の多い手段となっています。
肝心のその速さの比較ですが、海上輸送の場合九日間かかる荷物の輸送がなんと航空輸送の場合九時間にまで短縮、翌日には手元に届くこともある、そんな圧倒的なスピードでの輸送となっていますので驚きです。
商戦はスピード勝負、いざ商機を手にするために商品を取り寄せたとしても九日間も空いてしまうともう商戦は終っている場合もあります。
そうならないためにも急ぎのものは航空輸送の利用をおすすめしたいところです。
また在庫管理もしやすいので、もし不足したらすぐに発注をかけられる、それも大きなメリットです。
また航空輸送は事故が少なく安全、品質にも影響のない環境下での輸送となるので、安心して大事な商品をまかせることができます。

次にデメリットですが、こうした航空輸送はやはり運賃が多くかかってしまいます。
またその運賃は海上を利用する場合と比較すると約3~5倍もの値段となっており、いずれも料金は高めの設定になっているようです。
圧倒的な速度をお金で買う、にしても商品や荷物によってはあまりにも高く感じる……そんなこともあるので、よく考えてから利用したいところです。
またこの航空運賃にはさまざまな費用がかかり、またこれらの計算はややこしいものとなっています。
そして手続きに使う書類もよくわからない……そんなこともよくあるものです。
そんなときは代行サービスに依頼がおすすめ、各書類の記入なども追加プランでしてくれますので、間違いが無いようにしておきたい、そんな時に強い味方になってくれます。
航空輸送を利用する事が多いのはビジネスの場、忙しい時にこれらの手段を選ぶ事が多いものです。
そんな時に利用しておきたいのがお見積りなどのサービス、より予算もわかりやすくなり、自分で計算せずに確実な予算を立てられますので、安心して航空輸送を利用することができます。

航空輸送で運ばれることが多いもの

航空輸送

航空輸送のメリットである速さ、これがあって漸く成り立つ商品もあるのでそれがどういうものなのかをご紹介いたします。
こうした航空輸送はまず商品の輸送が多いものとなっており、またビジネス以外にも重要なものを輸送する際にも使われます。
まず鮮度が重視されるもの、海外産の輸入生鮮食品などがありますが、これらも航空輸送で届けられている製品が多いです。
肉、魚介類、果物、野菜、切り花など海上輸送では鮮度や品質が下がってしまうものはこうした航空輸送を通して輸送されることが殆どです。
次に短納期が求められるもの、これはパソコンやスマートフォンなどが代表的となっており、すぐに到着するのを優先して航空輸送を利用することが多くなっています。
また緊急を要する医療用品は、人命にかかわるものが殆ど、そのため数日待つのではなくすぐに届けられる航空輸送を使用されるものとなっています。
重要なものといえば他にもあり、貿易関連の重要書類、緊急を要するBtoB製品など、航空輸送は一刻も早く届けなければならないものを輸送する手段として重宝されています。
また水族館の生き物や動物園の動物もこうした航空輸送を利用されるものとなっており、長期間の輸送が向かないものはコストが高いとしても航空輸送を利用されることが殆どとなっています。
また早く届けられる=商戦に間に合うということで、イベントもの、季節ものなどもこうした航空輸送を利用されることが多くなっています。
早めに入荷して販売することで、商戦に間に合い利益をあげやすい、航空輸送のコストは高いものとなりますが、それを支払ってもその後の利益でまかなえる場合はこうした方法での輸入がメジャーとなっています。
海上輸送を考えると格段に早く輸送が完了するのがこの航空輸送、世界から入荷しているであろうものが消費者の元に新鮮なまま届けられているのはこうした輸送手段があるためです。
なかなか個人で使うにはコストも手間もかかるので簡単にとはいかないものとなっていますが、欠かせない輸送手段として世の中に定着しています。
また航空貨物とはまた分類が違い、優先扱いのサービスとなっていますので遅延も起こりづらく、より時間にシビアなビジネスにうってつけの手段となっています。
また貨物室の環境変化、温度変化も少なく、海上輸送に比べて品質が落ちるリスクも極力抑えられるようになっています。
口に入る食品や精密機器、医薬品の輸送には特に適しているものと言えます。

高額料金?航空輸送のデメリット

航空輸送

航空輸送のデメリットはやはり、そのスピードをお金で買っているのでコストは高いものとなっています。
通常海上輸送の場合かかるコストに比べると、約三倍から五倍にも膨れ上がり、また保冷コンテナの使用の有無、重量当たりの運賃がかかりますので場合によっては利用料金が高額になることも十分おこります。
しかし全部が全部高額になるわけではなく、ルートによっては航空輸送もコストを抑えられる場合もあり、特に内陸部の輸送に関しては海上輸送よりも費用を抑えられる場合もあるようです。
しかし航空輸送はやはり高額というデメリットはつきもの、またそのイメージができているので、いったいいくらかかるのかなども不安になります。
いままで利用していなかったけれど利用する必要ができた、そんな時どれくらいかかってしまうのかなど見当もつかないです。
そんな時に便利なのが各種代行サービスで、必要な書類はその代行サービスのサイトから、またリスニングを通して見積りもだせるので、まずどれくらいの運賃がかかるかなども熟練者による見積りを通してわかります。
自分で調べての見積りはやはり難しいのが航空輸送、ですがこうしたリスニングを通してより確実に見積り、そして手順を教えてもらえるのは心強く、追加サービスで書類作成代行も行ってもらえます。
初めての航空輸送、どうしても不安な場合は代行も視野にいれて利用をおすすめいたします。