柔道整復師になる!!専門学校を選ぶポイントとは?!

柔道整復師は、身体に関する運動ケアを行う事が出来る仕事です。ここでは、柔道整復師になる為の専門学校の選び方のポイントをお伝えします。

柔道整復師になる方法とは?

柔道整復師を目指すための仙台の専門学校

柔道整復師になる為には、柔道整復師の養成施設として厚生労働大臣が認定している3年制以上の専門学校、または、文部科学大臣が認定している柔道整復学科のある4年生大学・3年以上の短期大学に進学する必要があります。そこで、解剖学、生理学、運動学と言った柔道整復師の基礎となる科目、柔道整復実技等の専門科目を履修しなければなりません。そして、柔道と整復の認定実技試験を通過して、国家試験を受ける為の受験資格を得る必要があるのです。年に1回、毎年3月に柔道整復師の国家試験の筆記試験が行われており、全国の主要都市で実施されています。

柔道整復師に必要な試験と資格は?

柔道整復師の国家資格を取得する為には、毎年3月に厚生労働省の指定機関である公益財団法人柔道整復研修試験財団が実施している「柔道整復師国家試験」に合格する必要があります。試験を受けるには、柔道整復師の養成施設となっている専門学校や大学で必要な単位を取得して、学校在学中に卒業基準の一つとなっている認定実技試験に合格していなければなりません。

柔道整復師の国家試験

柔道整復師の国家試験は、年1回、毎年3月の第1日曜日に、北海道・宮城・東京・石川・愛知・大阪・広島・香川・福岡・沖縄で一斉に実施されます。筆記試験はマークシート方式になっており、午前・午後の2回に分けて行われます。出題総数は230問で1問1点の配点となっています。必修問題は30問中24点以上、一般問題は200問中120点以上が柔道整復師の合格ラインです。出題範囲に関しては、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論、関係法規と幅広く、多くの知識をしっかり学ぶ必要があります。

実技審査に相当する認定実技試験

昭和63年に柔道整復師法改正が行われ、それ以前は筆記試験と実技試験があった国家試験は、現在は筆記試験のみとなっています。その代わり現在では、養成施設の教育水準維持と向上の為に、専門学校や大学で認定実技審査員が審査をする認定実技試験が実施されています。
認定試験の内容は、柔道整復術の基盤となる柔道実技・柔道整復実技、これらの2教科が審査されます。柔道実技では、受け身、決められた型、乱取り等の動きや所作、礼法を見られます。また、柔道整復実技では、指定した身体症例の対処に関する事が審査され、骨折に対する整復、脱臼の固定等が見られます。この認定試験と言うのは、卒業出来るかの判断基準でもあり、これをクリアする事で国家試験の受験資格が得られます。

はり師・きゅう師の資格も取得して就職有利に

柔道整復師の資格と一緒に、はり師・きゅう師の国家資格を取得しておくと、柔道整復師としての施術手段の幅が一気に広がります。鍼灸師になる為には、はり師・きゅう師の2つの国家資格取得が必要なので、受験資格を得る方法としては柔道整復師と同様に専門の養成施設で3年制以上の学習が必須となっています。柔道整復師と並行しての同時に学習する事が難しいので、期間をずらして追々学習する場合が一般的です。はり師・きゅう師の資格を取得すると、保険による施術の他にも保険外での施術も行う事が可能になります。

柔道整復師の専門学校を選ぶポイントとは?

柔道整復師を目指すための仙台の専門学校

柔道整復師になる為には、柔道整復師の養成施設として厚生労働大臣が認定した専門学校、または、文部科学大臣が認定した大学や3年以上の短期大学に進学しなければなりません。全国には、養成施設として認定されている教育機関はおよそ109校程度あります。社会に出て既に働いている人でも柔道整復師を目指せるような施設もあり、自分のライフスタイルに合った学び方が可能な専門学校を選ぶ事が出来ます。

まず、専門学校選びで確認しておきたい事!!

自分に合った専門学校を選ぶには、自分が一体何を重視した学校を選ぶかをしっかり前以って決めておく事がポイントです。おおまかに、柔道整復師の資格が取れる学校と思っても、専門学校の特色や強みと言うのは千差万別です。例えば、ある業界の就職に強い、学校として長い歴史があり数多くの卒業生を輩出している、就職活動に強い等、色々強みがありますよね。なので、しっかり専門学校の売りや強みをHP等で見る事も大切です。このように、様々な専門学校の情報を参考にして自分に合った学校を選ぶ事がお勧めです。

大学より専門学校がお勧めの理由

柔道整復師は、大学だけで無くても専門学校でも資格を取得する事が出来ます。なので、専門学校に進学する人も少なくありません。柔道整復師の資格取得が目的であれば、専門学校に進学しても取得出来、大学で取得する事と大して大きな差はなく、合格率も殆ど変わりません。さらに、専門学校であれば、3年制なので大学に通うよりも早く社会に出て就職する事が出来るのが長所として挙げられます。

働きながら柔道整復師の資格を取得する

例えば、柔道整復師を目指す人でも既に社会に出て働いている人もいますよね。その場合、「柔道整復師の資格を取得する事が難しいかも知れない…」と思う人もいるのではないでしょうか。しかし、柔道整復師の専門学校では、夜間部を開校している学校もあります。なので、今まで通り昼間は会社で働きながら、柔道整復師の国家試験に向けて学ぶ事が出来ます。

夜間部の主な授業時間

専門学校にもよりますが、夜間部の開校は18時以降から実施している所が多くなっています。一般企業であれば、大体18時前後で仕事が終業する所が多いので、働きながらでも専門学校の夜間部に通うことが出来ます。
夜間部と言うのは、昼間部に比べて授業時間が短くなっている所が多いです。しかし、中には昼間部の授業カリキュラム内容と変わらない授業を行っている所もあります。心配な人は、授業が充実しているこうした学校を選ぶのもお勧めです。

働きながら柔道整復師の資格を取得出来る

専門学校によっては、昼間働ける接骨院や病院等を生徒に紹介してくれる所もあります。なので、整骨院等で実際にアルバイトをしながら専門学校に通う事が出来るシステムを採用している学校もあります。働きながら通学出来ると、柔道整復師についての知識や技術の吸収力を高める事が出来たり、また、実際の職場の雰囲気を知る事が出来たりと言うメリットがあります。

自分はどんな柔道整復師になりたいか

柔道整復師の志望者が専門を学校選ぶに当たっては、必ず、柔道整復師の養成施設であることが前提条件として挙げられます。そして、国家試験に強い実績とカリキュラムが充実している事や、国家資格取得後に社会に出て、現場で求められる実践的スキルが習得出来る臨床実習の充実性も大きなポイントになります。柔道整復師としてスキルをしっかり自分のものにしていくには、知識と技量のバランスが非常に大切になってきます。さらに、スポーツトレーナーや機能訓練指導員として介護業界で大いに活躍をしたい、幅広く身体に関する施術を患者に対して提供出来るようにはり師・きゅう師の資格も得ておきたい等、将来に対して色々と可能性を考えている人は、それらの資格が取得出来る有利な専門学校を選ぶ事がポイントです。