土地購入はややこしい、そんな時は?

「高額取引である土地は人生でも最も大きな買い物とされている程に高額での取引となっています。そんな土地購入を行うときは専門知識が無いと思わぬ落とし穴にはまってしまうのです。それを防ぐ為にも専門知識を持つ人のサポートは必須、さくらホームサービスでは奈良県内の不動産の相談にのっています。」

・土地購入はとてもややこしい

いざ土地購入や土地活用をする場合、たくさんの難題があり、またそれらに落とし穴が隠れている場合もあります。その落とし穴で大損をしてしまう場合もあるので要注意、ただでさえ高額での買い物となる土地で損をしてしまうととりかえしがつかないことが起こる場合もあります。個人の買い物の場合は尚のこと、そんな土地購入は専門の知識をもつ人のサポートが必須となります。こうした土地購入にあたり、建設が可能か、境界は大丈夫か、土壌汚染は大丈夫か……こうした部分に気を付ける必要があります。

なかなか素人目線ではどう気を付ければいいのかわからない部分だらけとなっており、これらを解読していくのは非常に困難です。いずれも非常に大事な部分で法にも触れる部分が多く、プロを挟まないと上手くいかないものとなっています。そんな土地は二つの大きな分類があり、市街化区域と市街化調整区域があります。市街化区域は建物が通常に建てられる場とで、その中でも用途地域という建築する建物の種類があらかじめ決められている区域もあります。

土地を購入する場合はその土地をどういった活用をするか念頭において、その活用方法ができるかどうかをきちんと見定めてから購入しなくてはならないです。また調整区域というのは田んぼや畑、民家が多い区域です。日本のどこにでも建物を建てられる場合、どんな場所にも住宅やビルが建設されるはずですがこうした制限があるのでビジネス街、住宅街、田畑のある景観のいい場所があるのです。これは土地の制限から生まれており、実は細かく国によって取り決めが行われることにより、こうした景観の違いが出ています。

建築基準法、隣接地の水道やガスの配管によっても建物が建てられない、あるいは制限されている土地もあるので、一見空き地に見えても一向に何も建たない場合もあります。これらは人気がないのではなく、こうした取り決めで建物を建てられない、という土地である可能性もあるのです。またこうした制限の多い土地の場合、不要になった際売買に支障が出たり、或いはローンが借りられない場合もあるので気を付けて土地選びをしていきたいところ、けして安い買い物ではない土地を有効に利用し、賢く購入するためには土地のプロの手助けが必須となります。

これらは有資格者は勿論のこと、経験を積んだスタッフがいる不動産専門店の利用がおすすめです。さくらホームサービスではこうした不動産の細かい情報は勿論のこと、これから土地購入を考えていたり不動産の売買を考えている方へのサポートを主におこなっています。ややこしい内容の多い土地購入についてもしっかり熟知したスタッフが相談に乗ってくれるので心強いのは勿論、需要にあわせた土地の案内も行ってくれます。土地購入にまつわることは勿論、その周辺のローンなどについても詳しく相談ができるので、人生に一度か二度程度の利用かもしれない土地購入をより失敗しないものにしてくれます。

・土地購入にあたりローンを借りられる?借りられない?

個人でも法人でも土地を購入する場合ローンを組む場合が多いです。しかし場合によっては思っているローンが組めない場合もあるので注意しておきたいところです。土地購入の際のローンの注意事項についてご紹介いたします。まず土地購入だけでは住宅ローンを組めないという点、個人で土地購入する場合住宅を建てる前提が多いので、その場合は問題ないのですが駐車場や資材置き場での利用の場合は住宅ローンを利用できないです。

住宅という建物自体にローンを組むのでそれを建てない場合は利用不可なのも頷けます。現金や事業用ローンの場合は問題ありませんが、住宅を建てない土地を購入する場合は住宅ローンを使えない、というのを念頭においておく必要があります。次にローンが借りられない土地、これは次の売買を見込めない、安くなってしまう土地にあることです。ローンは最悪払えない場合はその土地を差し押さえられることになります。

土地を担保に入れてローンを組むので、その土地に組みたいローンの分の価値がない限りはくむことができない、あるいは融資金額が大幅に減ってしまう場合もあるのです。逆に言うと高い土地ならばもっと融資金額を見込めますが、人気がなく安い土地は購入にあたりローンについても制限がついてしまう可能性があるので注意が必要となっています。また土地購入をする場合はその土地代以外にもさまざまな諸費用がかかります。住宅ローンを組む場合にかかる費用もありますので、それらも考えたうえで土地購入を行う必要があります。

主に挙げられる諸費用は契約印紙代、仲介手数料、登記費用、固定資産税等精算金、事務手数料、住宅ローン保証料、金銭消費賃借契約の契約印紙代、ローン代行費用です。複雑化しておりどれくらいかかるか、というのが把握しにくいですが、おおよそ売買代金の10%を目安にしておけばおつりがくる金額です。おおよその建物を考えて上手に予算をたててローンを組む、これは必要なことですが全てを把握するのは難しいです。

そんな時はプロのスタッフのアドバイスを聞き、わからない部分も明確にしていきながら土地購入を進めていく必要があります。また金利優遇をしている金融機関もあるので、そうした情報を仕入れてくるのも有用となっています。その銀行の口座を利用する事が条件である場合が多いので、元々利用している銀行はそうした優遇を行っているか、それを調べてみるのもおすすめです。

・土地購入のときの手順とは?

通常の買い物のように簡単にいかないのが土地購入、そんな土地購入に置ける必要手順についてご紹介いたします。まず重要事項についての説明を宅建の資格者からうけます。その流れで次に契約者の読み合わせをし、ここでもしわからないことがあれば遠慮なく聞き疑問点を解消していく必要があります。細かい文書ですが読み漏らしなく説明してもらえるのと、その際に印鑑を持ってきてもらう必要がありますが実印である必要もないです。

金銭のやり取りもこの時点で行われ、手付金を売主に渡します。場合によっては仲介業者への手数料も必要になります。手付金領収書を受け取ったあとは印紙を貼る作業もあり、これら契約の手続きは時間にして一時間程度と考えるのが妥当です。これらはきちんとスタッフの方々が案内してくれますが、不安な場合は疑問点をしっかり解決して契約を行うのが安心、細かい質問まで全て答えてくれますので遠慮無く聞いて大丈夫です。

一時間という時間は長いように感じますが、大きな買い物が一時間程度で契約完了してしまうということ、その重要性は宅建資格者を始め土地購入に携わる人間が皆わかるものです。そんな土地購入を失敗しないようにするためにも契約に至るまでの間もしっかりわからないことは質問し、納得のいく買い物ができるようにしていきたいところです。そのサポートをさくらホームサービスでは尽力しています。